浄土複合ライティング・スクール

概要

  • 受講生それぞれの課題文に対して講師からの綿密なフィードバックや受講生を交えたディスカッションを重ねながら、書くことを立体的に学ぶことができます。講師は池田剛介とはがみちこが務めます。 
  • 成果物はスクール発行の雑誌『Jodo Journal』にまとめ、京都や東京の書店、インターネットなどを通じて流通させます。「書いて終わり」ではなく、編集やデザインの視点も学びながら、文章を発信するところまでプログラムに組み込まれています。

特徴

  • 基礎・発展・制作 / 3つのステップ

    浄土複合ライティング・スクールでは、一年を3つの段階に分けて、プログラムを進行します。

    step01

    「基礎」レビューを書く

    まず基礎の段階では、テーマや展覧会を設定し、それに対するレビュー執筆を行います。講師による添削や授業内の議論を通じてブラッシュアップを重ねながら、それぞれの文章を磨いていきます。3本のレビューを執筆予定です。

    step02

    「発展」オリジナル原稿作成

    オリジナル原稿の作成に取り組みます。企画書作成やプレゼンテーションを経て、取材、エッセイ、論考など、それぞれの関心に応じた原稿を作成していきます。

    step03

    「制作」編集、レイアウト

    オリジナル原稿を形にします。デザイナーも交えてレイアウトのイメージを共有しながら、細部まで誌面を作りこんでいきます。記事は『Jodo Journal』として発行され、書店やインターネットで流通させます。

  • 豪華なゲスト陣

    主軸となる三つのステップと連動しながら、豪華ゲスト陣がレクチャーを行います。外部からの刺激を受け取りながら、書くことのヒントやアドバイスを得ることができます。土日両コース合同での開催となります。

    2019年度ゲスト:千葉雅也、小林えみ、福永信、小崎哲哉、森大志郎
    2020年度ゲスト:千葉雅也、福永信、佐々木敦、小田原のどか

浄土複合ライティング・スクール
第3期・2021年度

詳しい内容はこちら >