アーカイブ

浄土複合ライティング・スクール
オンライン体験講座

20214月下旬に開講となる浄土複合ライティング・スクール第三期では、関西圏に限らず、オンライン参加での受講生を募集しています。この度スクール開講に先立ち、オンライン体験講座を無料開催します。講師は池田剛介+はがみちこ。簡単なライティングやフィードバックを体験しながら、スクールの雰囲気を感じていただく絶好の機会となります。ぜひお気軽にご参加ください。

ライティング・スクール第三期の詳細はこちら >

  • 概要

    〇開催日時
    2021.4.17(土)14:00-16:00

    〇参加費
    無料

    〇定員
    6名程度(要予約)

    〇お申し込み方法

    イベントお申し込み専用フォームに必要事項をご記入の上、お申し込みください。

    〇講師プロフィール

    【池田剛介|いけだ・こうすけ】
    美術作家。浄土複合ディレクター。1980年福岡県生まれ。東京藝術大学大学院美術研究科修了。京都教育大学非常勤講師。国内外での作品発表を多数行う一方、批評誌などでの執筆を活発に手がけている。主な展示に「現象と干渉」(MEDIASHOP|gallery、2019)、「Malformed Objects」 (山本現代、2017)、「Regeneration Movement」(国立台湾美術館、2016)、「あいちトリエンナーレ2013」など。著書に『失われたモノを求めて――不確かさの時代と芸術』(夕書房)。

    【はがみちこ】
    アート・メディエーター。1985年岡山県生まれ。2011年京都大学大学院人間・環境学研究科修士課程(創造行為論)修了。19年、『美術手帖』第16回芸術評論募集にて「『二人の耕平』における愛」が佳作入選。企画・コーディネーションに携わった主な展覧会に「THE BOX OF MEMORY-Yukio Fujimoto」(kumagusuku、2015)、「國府理 水中エンジン redux」(小山市立車屋美術館、アートスペース虹、2017)、菅かおる個展「光と海」(長性院、Gallery PARC、2019)など。